塾に通い始めるのは未就学児の頃がおすすめ

こなせる体力があるかも大事

集中するには体力も大事

スポーツ系はもちろんですが、カルチャー系にしても習うには体力も必要になります。

あまり小さいうちは集中力も持ちませんし、詰め込み過ぎは体力も持たないので年齢や体力に合ったものを選びましょう。
個人差はありますが、3歳未満は自己主張をする時期と重なるので、ちょっと疲れたり気分が乗らないと激しく泣いて抵抗してしまう事があります。
せっかく習い事を始めても、泣いてるだけで終わってしまったりすると連れて行くだけでも大変になってしまいますね。

嫌がっているのに無理に連れて行くと、それが後になって苦手意識として心に残ってしまうことがあります。

習い事を始めるタイミングは、こなせる体力がついた時期の方が連れて行くのも楽ですし、実際に4歳位から習い事を始める人も多いです。

習い事を通じて体力や精神力が鍛えられる

活発な子で体力を持て余しているのなら、習い事をすることで発散させることも出来ますし、夜もぐっすり眠ってくれるので健康面を考えても習わせるメリットがあります。
体力がない子は、身体を動かし鍛えられる事により風邪をひきにくくなります。

最近の子が運動不足の傾向にある事や、運動能力の低下を指摘されているので、自分の子は大丈夫か心配になる事もあるかと思います。
丈夫な身体の基礎作りは幼児期にあるとも言われています。
小さいうちに思う存分身体を動かす事のできる環境を与えるのは親の役目なのかもしれません。
丈夫な身体と丈夫な精神はその子の財産になります。

そういった意味でも、未就学の時期から習い事をスタートするのはベストだと言えるでしょう。