塾に通い始めるのは未就学児の頃がおすすめ

子どもの好奇心を刺激する

好奇心が芽生え原動力になるタイミング

習い事は好奇心が発達した小学生になってからでも遅くはありません。
幼児期がメリットなのはスタートする方が物事に対して柔軟な部分が大きいですし、この時期に体得した事は将来的に強い自信にも繋がると言われているからです。

年齢があがればあがるほど、知識や知能が発達する分、物事に対して難しく考えてしまうので上達を邪魔してしまう場合もあるようです。

0歳からをターゲットにした習い事も沢山ありますし、いつから何を習わせるべきかの正解はないのですが、習い事をいつから習わせたら良いのかに悩んでしまったら、ワクワクドキドキすると言うような本能に素直に対応できる時期を狙うというのもスタートさせる1つの目安になるのではないでしょうか。

好奇心は自信に繋がります

好奇心が原動力になって学んでいる事には、子どもに頑張るパワーを与えてくれます。

何かの目標を達成するには、失敗しても繰り返し出来るようになるまで練習しなくてはならないこともあります。
小さな子にとって簡単な事ではないですが、好奇心は上達したいと言う気持ちを支えてくれるでしょう。
諦めないでチャレンジした結果、それが達成できたなら大きな喜びや満足感になりますし、自信へと繋がります。

まだ子ども自身が興味を示していなかったり、嫌がっているのに無理に努力することを強いてしまうと苦手意識やトラウマになってしまう場合があります。

好奇心が芽生える時期をうまく使って、子どもをその気にさせることが出来れば上達も早いでしょう。