塾に通い始めるのは未就学児の頃がおすすめ

習い事を始めるのにおすすめなタイミングが幼児期の訳は

言葉がわかると吸収力も早いです

大人でも同じかと思いますが、自分の許容範囲を超えて難しい内容だと興味が半減したり集中するのは難しいものです。

言葉がわかるようになると、他人が何を話しているのか一生懸命聞こうとし、自分の思っている事を言葉にして伝えられるようになってきます。
言葉がわからない小さな時期だと何をやっているのかわからなくて、すぐに飽きてしまったり、不安になって泣いたり、通うのを嫌がってしまう場合もあります

子どもは柔軟性があるので見よう見まねでも学ぶことはできますが、言葉というツールを理解して教わった内容はしっかりと学ぶことができるでしょう。

習い事でしっかり学んでほしいと考えるなら言葉が話せる時期からのスタートがおすすめです。

コミュニケーション能力が育つ

言葉が話せるようになり他人の言葉が理解できるようになり始める時期に、家族以外の人達とコミュニケーションを取れる環境は、子どもにとって良い刺激となります。

マンツーマンで受ける習い事もありますが、未就学の習い事は集団で行われることがほとんどです。
習い事は幼稚園や保育園とは別に集団行動を経験できる場になるので、習い事を学びながらコミュニケーション能力をさらに育てるきっかけ作りになりますね。

コミュニケーションの能力が育つタイミングの幼児期に、多くの刺激を体験させることにより能力をさらに向上させることができます。

幼いころに体験を通して培ったコミュニケーション能力は、大人になってからも必ず役に立つことでしょう。